お金借りる

お金借りるならどこ?即日融資のキャッシング

即日融資でお金を借りるとなると、消費者金融が確実だと思います。

しかし、やはり消費者金融でお金を借りるとなるといささか気になるところもあるもの。
当サイトでは、消費者金融がいかに即日融資に向いているか、安心して利用でき、さらにお得にお金を借りることができるポイントをご紹介いたします。
特にお急ぎの方にもわかりやすいよう、簡単なポイントをご紹介します。

 

急にお金を借りる時にキャッシングを選ぶポイント

急ぎの時は、金利のことはどうしても後回しになってしまいます。
今日、明日借りられるのかどうかが、どこで借りるか選択する時の大きなポイントとなります。
非常に低金利の銀行キャッシングなどを利用したらお得だなということはわかりますが、今日・明日お金を借りることができないのでは意味がありません。
急にお金が必要になった時、今すぐ借りることができるところの中からできるだけスピーディに良いキャッシングを選びたいですよね。

  • 今日中に審査結果がわかる
  • できるだけ低金利
  • 無利息サービスは重要
  • 在籍確認が書類でもOK

私が挙げる重要なポイントは、上記の4つのポイントです。
特に急ぎの時に重要なのは、「今日中に審査を受けることができるかどうか」というところ。
例えばお金が急に必要になったのが午後だった場合、申し込みをして審査を受けて、その結果が明日わかる・・・となると、下手をするとお金を借りることができるようになるにはさらに翌日になってしまう可能性があります。
それでもスピーディな方ではありますが、消費者金融の即日融資なら、さらにスピーディに審査を受けることができます。
また、無利息サービスがあるところもオススメ。無利息サービスとは、一定の期間内に返済をすれば利息がかからないというサービス。慌ててお金を借りたい人にとってこのサービスは実はすごく強い味方でさらに重要なポイントなんです。
銀行などのキャッシングでは行っていないサービスなのでぜひ利用しましょう!

 

それ以外には在籍確認が当日行ってもらえるかどうか、というものがありますが、会社が既に終わってしまっていて在籍確認が取れない場合は注意しましょう。

 

今、あなたが急いでお金を借りたくても、最低限この4つのポイントに当てはまるところで借りましょう!
危険なのは、すぐに借りられるけど名前も聞いたことがないキャッシング。
悪徳商法などに引っかからないよう、最終的に契約する際は最低でも名前を聞いたことがあるところにしましょう。

 

すぐに借りたい!即日融資対応 オススメランキング

アコム

貸付利率
(実質年率)
自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

アコムは即日融資にしっかり対応!
最大30日間金利0(ゼロ)円サービス
契約日の翌日から30日間無利息!

アコムは24時間インターネットからの申し込みが可能!3秒あれば融資が可能か自己診断することができます。アルバイトやパートでも自身に安定した収入があれば審査可能。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
急ぎでお金が必要な方への強い味方、CMなどでも人気の消費者金融です。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

 

お金をすぐに借りたい時は、クレジットカードのキャッシング機能の活用も

ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるキャッシング機能が付いています。コンビニのATMなどですぐに借りれて、返済も柔軟にできます。クレジットカードの中には、即日発行が可能なものや、クレジットカードの発行で数千円分のポイントがつくものもあります!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 海外でも利用できて年会費無料!

 

急な海外出張ですぐにクレジットカードが欲しい方にピッタリ。クレジット機能付きなのに最短即日、スピード発行が可能!もちろん、キャッシングとしてもご利用可能です。
【特徴】
・クレジット機能がついているのに即日カード発行が可能
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・1回払いを選択しても、リボ払いでの支払いが可能。

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/creditcard/

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

↓公式サイトはこちら↓

https://www.rakuten-card.co.jp/

 

 

 

お金をかりる 即日で借りるための条件

お金を借りるならキャッシングがおすすめですが、即日で借りるとなるとそれなりの条件が必要です。
キャッシングの中でもよく知られているのはクレジットカードによるキャッシング。
カードを使って現金を引き出すことができますが、クレジットカードを作るには2週間以上かかるのが一般的です。
また銀行でもカードローンやキャッシングができるカードがありますが、銀行でも1週間以上かかるのが一般的。
数多くあるキャッシングやカードローンですが、即日でお金を借りることができるのは限られているんです。

 

即日でお金を借りることができるのは消費者金融。
消費者金融も銀行やクレジットカードと同じタイプのカードローンですが、「即日融資に特化した」キャッシングといってもいいと思います。
土日祝でも契約が可能ですし、夜間でも申し込みが可能。
仕事をしている人にとって平日15時までしか契約できない銀行カードローンではとてもじゃないけど即日融資は難しいですよね。
消費者金融なら仕事が終わってからでも契約も借り入れも可能なので、急ぎの時には本当に便利です。

 

では、即日で借りるための条件とは何でしょう?
いくつかポイントをご紹介しましょう。

安定した収入があるかどうか

アルバイトでもパートでも契約社員でも大丈夫。
正社員に限らず、安定した収入が毎月入ってくる人なら契約することができます。
学生など、自身に収入がない人は契約できませんので気をつけましょう。

 

他社の借り入れが年収の3分の1を超えていないか

消費者金融には総量規制という法律があり、自身に収入のある人でも、現在抱えているすべてのローンなどの借り入れ額が年収の3分の1を超える金額を貸すことができない仕組みになっています。
今もし他社に借金がある方は、自分の年収に対してどの程度の借り入れ額になっているのかを計算してから申し込みをしましょう。

 

2つのポイントに当てはまらなかったら!?

 

自身に収入がなかったり他社の借り入れが3分の1を超えてしまっている場合は消費者金融や信販会社系のキャッシングは契約できません。これは法律で定められているため、どんなに嘘をついてもバレてしまいます。
あまり無理に申し込みをすると、申し込みブラックという扱いになってしまい、借り入れがますます難しくなってしまいます。

 

それでもまだあきらめないでください!
自身に収入がない方や、他社の借り入れが年収の3分の1を超えていても、銀行カードローンやキャッシングならお金を借りることが可能な場合があります。
銀行は総量規制対象外なので、むやみに消費者金融に申込をする前に、自分が審査に引っかかりそうだと思ったら先に銀行カードローンなどを検討してみてください。

 

お金を借りるならどこ?低金利 VS スピード

お金を借りる時に、まずは2つの選択肢があります。

とにかく即日借りたい

今日、明日にでも借りたい、という方。早ければ早いほど良いので、あまり金利は気にしていない方。

消費者金融がオススメ

消費者金融は、少ない金額を即日で借りることに特化したキャッシング・カードローンです。
目の前のピンチを乗り切るために必要な金額を即日で借りることができるので、急ぎの人に人気です。
また、消費者金融には無利息サービスがあるため、少ない金額であれば銀行カードローンより低金利になる場合もあります。

 

低金利で借りたい

大きな金額を借りる予定だから、とにかく金利は最低限の金利がいい。
金額はそんなに大きくはないが、長期的に利用していきたいので低金利がいい。

銀行カードローンがオススメ

時間はかかりますが、銀行以上に低金利で借りられるカードローンはありません。
大きな金額を借りたい方、長期的に利用したい方、とにかく長期間借りる予定の人は、少しでも低金利の銀行カードローンがおすすめです。

 

消費者金融の無利息サービス

消費者金融には、消費者金融でしか行っていない非常に安いサービス「無利息サービス」があります。
無利息サービスとは、一定の期間の間に借りたお金を返した場合、金利が発生しないサービスのこと。
つまり、友達や親からお金を借りた時と同じように、借りた金額を返済するだけでOKというサービスです。
これは銀行カードローンや信販系カードローンでは行っていないサービスで、借りたお金を1か月以内に全て返済できる人なら、消費者金融以上に低金利で借りられるところはないでしょう。

 

無利息サービスは、初めての方限定のサービスで、初回1回のみのサービスです。
給料日になったら返済できるけどそれまでお金が足りない、すぐに返済できるんだけど今お金が必要・・・という本当に緊急でお金が必要な方は最も低金利で借りられるので覚えておいてくださいね。

 

※無利息サービスは、「はじめての方」のみ対象です。
※無利息期間は「最大30日間」となります。

 

こんな時にお金借りるならどこがいい?

お金が急に必要な時、色々な状況別でのオススメをご紹介いたします。

初めて借りる

初めての方には、プロミスアコムアイフルがオススメ。
初めての方は無利息サービスが利用できます。
一定の期間内に返済すれば利息が0円で借りることができておトク。
初めての方のみのサービスです。

 

急いでいる時

とにかく急いでいる、という方はプロミスアコムモビットがオススメ。
公式ホームページ上で審査を受ける前に自己診断できるシステムがありますので前もって診断してみてください。
そうすることで、実際に審査を受けて落ちてしまうというタイムロスもなくなってスピーディに契約できるところを探すことができます。

 

電話連絡をしてほしくない時

電話も郵送も連絡が一切なく契約できるのはモビットです。
モビット「WEB完結」申し込みなら、職場への連絡も自宅への確認電話もありませんので安心です。
ただし、WEB完結申し込みには複数の条件がありますので、ホームページ上で確認してみてください。

 

まとまった金額を借りたい時

大きな金額を借りるなら、銀行カードローンがオススメです。
消費者金融では収入証明が必要な金額でも、銀行カードローンなら不要な場合が多いです。
しかも、銀行カードローンの場合は総量規制対象外なので、他社に借入があっても大丈夫。
金利も安いので、大きな金額を借りたい時は消費者金融よりも銀行カードローンがオススメです。

 

即日でお金を借りるコツは?

すぐにお金を借りるためには、審査をい受けやすい状況を作って臨む方が時間短縮になります。
お金を借りるコツは、審査内容だけでなく審査を受ける時の状況も重要です。

  • 借りたい金額を10万〜20万円程度に抑える
  • 3社以上申し込まない
  • Webで前もって申し込みをしておく

私がお金を借りる時に気をつけたポイントは上記の3つ。
特に、前もってWebから申し込みを終わらせておくとかなりの時間短縮になります。
忙しい時でも、仕事中でも、スマホから申し込みをしておけば、仕事中に審査結果がメールで返ってきます。
審査結果でOKが出たら、仕事が終わってから店舗に行ってカードを発行してもらえばその日のうちにお金を借りることができます。
待ち時間がないのでスピーディです。

 

また、審査申し込み金額を10万円〜20万円程度の方が、100万円や50万円で申し込みをするよりも書類をも少なくてすみますし、印象もいいです。
50万円借りたいのであれば仕方ありませんが、5万円や10万円が必要なのに余裕をもって50万円、といった申請の仕方をせずに、最低限必要な金額を申し込むようにしましょう。

 

そして、最後にどんなに急いでいるからといって複数社同時に申し込みをしないこと。
複数社の申し込みをすると、「申し込みブラック」という扱いになり二度と申し込みができなくなってしまいます。
面倒でも1社ずつ申し込みをするようにしましょう。

 

お金を借りるための審査ポイント


キャッシングやカードローンでお金を借りる時の審査ポイントについて見てみましょう。
審査内容はそれぞれのキャッシングやカードローンで違いますが、概ね似たような内容の審査が行われていると思っていいと思います。


  • 年齢・・・各社によって異なるが、20歳〜55歳くらい
  • 年収・・・高い方が有利
  • 勤続年数・・・3年以上同じ職場だと有利
  • 雇用形態・・・正社員が有利、ただしアルバイトや派遣社員でも問題なし
  • 居住形態・・・本人名義持ち家がかなり有利、ただし賃貸でも問題なし
  • 居住年数・・・1年未満の引っ越しが3回以上あると不利
  • 健康保険の種類・・・社会保健が有利

 

私が重要だと思う審査ポイントは、「勤続年数」です。
実はキャッシングやカードローンの審査の場合、年収よりも勤続年数が長い方が「安定している」とみなされることが多いです。
年収が高くて1年の勤続年数と、年収は低いが勤続年数が10年であれば、10年の方が有利ということになります。キャッシングやカードローンでは、正社員でなくても契約することが可能です。
そこで最も大切なのは「安定した収入」です。
1年未満でも契約することは可能ですが、限度額が制限されてしまう場合もあります。
長ければ長いほど有利ですので、アルバイトだからといってあきらめないでくださいね。